山下ふみこオフィシャルブログ

沼津市

2024.07.05

沼津市夜間救急医療センターで使途不明金2.25億円

救急医療センターyahoo1
救急医療センターyahoo10001

沼津市の夜間救急医療センターの横領事件が、今の口座を作った2007年から17年間と1977年の設置当時からだとすると40年以上に渡り続けられてきたことによる市民からの怒りの声は当然である。負担金を出している沼津市を含めた3市3町。その負担金は沼津市夜間救急医療対策協会に指定管理料として支払われる。

負担金を出している3市3町は被害者でもあり、加害者の対策協会の役員構成は3市3町の首長や議長である。沼津市の設置している医療センターを指定管理によって管理運営している対策協会は、理事の沼津市長や議長、監事の副市長は管理責任が問われる事件である。

今は警察の捜査によって被害状況が確定するのを待つ状況だと言うが、理事や監事、会計監査等の責任は沼津市が解明をしなければならない責務を負っている。

←(静新の一部の図)
現在新聞等の報道で分かっていることは、公益社団法人に2008年改正されてからの口座で、2008年から2024年までに保険会社から支払われた2.55億円の全額が使途不明金で、全額口座から降ろされていること。しかし、救急医療センターが設置された1977年から2007年までの間の約30年間にわたり保険会社が医療センターへ支払われたであろう金額については未だ解明されていない様子。

今、発覚している使途不明金口座は交通事故や労災でけがを負った患者に代わり、保険会社などが負担する医療費の振り込みに利用)
2014年から202410年で1.4億円(6/26報道)

2008年~20242.25億円(6/27報道)

口座開設は2008年から2024年まで2.25億円の使途不明金と報道(6/27)されている

2008年~20242.25億円(6/27報道)

●それ以前の口座、救急医療センター1977年設置~2007年までの旧口座については調べきれていないし、またいつから横領が始まったのかは分からない。

 もう1つの使途不明金患者が窓口で直接支払った医療費の一部がなくなっている可能性患者が自己負担分として医療費の13割負担分を支払っていた費用についても、不明金があるようです。

その会計の処理も同じ職員が設立当初1977年から20246月まで在籍約47年間にわたる。

公益社団法人としての沼津市救急医療センターの経緯

社団法人としての救急医療センターが、公益社団法人として改正されたのが2008年。

2008年に行われた法改正以前は、旧民法の規定に基づいた社団法人(民法上の社団法人)の設立が認められていた。しかし、民法上の社団法人は、設立する際に厳しい要件を満たす必要がある上に、補助金の不正支出や天下りの温床となっていたなど、数々の問題があり、そこで2008年に、こうした問題を解決する目的で、社団法人をめぐって大規模な法改正が行われました。

この法改正により、社団法人は「一般社団法人」と「公益社団法人」の2種類に分けられることとなり、沼津市救急医療センターは公益社団法人として設立。

静岡県によると、この公益社団法人の認定は県です。

県が3年に1回は立入検査に入っているようです。

県の役割として、指導監督という観点から、今回の件についてどう考えているのだろうか?

沼津市として、夜間医療センターの設置者としての責任は重大である。
市民の不信感や不安に対する対応について沼津市からはまだ説明がされていない

6/29静岡新聞報道にて

●協会を構成する沼津市を除く23町からは、沼津市のチェック体制の甘さが多額の使途不明金につながったとの指摘がある。(夜間医療センターの設置者は沼津市であり、沼津市が指定管理者として夜間救急医療対策協会に委託料を支払っている)

●問題の職員は保険会社への請求とレセプト(診療報酬明細書)発行の事務を担当。

市内の病院事務関係者は、業務量からして掛け持ちは、通常考えられない。自賠責保険での支払いが毎月ゼロはあり得ず、職員を分ければ気づけたはずと指摘。 

2024.02.16

110人の行進The裁判

https://youtu.be/-m09gHGk_Y8

私への裁判が2/14に始まりました。裁判の傍聴20席/38席(メディア12席✙市役所特別席6席)を求めて、111人の皆さんが並びました。支援者の皆さんは9:30~集まって下さり感謝です。

2024.02.15

メディアの報道 The 裁判

2/14 裁判の様子が各メディから発信されました。

友人のコメントを添付

昨日の裁判について、山下さんから発せられた
『市長はいたずらに市民の血税を使うことではなくて公平公正に真摯に協議していただきたい』
というコメントを示しています。
この言葉は全ての市民を代弁している重要なキーワードです。
市民が、ふみこさんがんばれ!とかかげる横断幕の間を堂々と歩いていくふみこさんと、マスコミ撮影が終わった後、こそこそと裁判の部屋に入る沼津市側は天と地の差がありますね!
いいね!
コメントする
シェア

www.at-s.com/life/article/ats/1412865.html

SBSテレビ LIVEしずおか

「土地の所有主張できた」市有地を“有料駐車場貸し出し”の市議 200万円返還請求棄却など求める=静岡地裁沼津支部

news.goo.ne.jp/article/asahi_region/nation/asahi_region-ASS2G7XFBS2GUTPB001.html

「不当利得成立せず」駐車場訴訟で静岡沼津市議が市の請求棄却求める

2024.02.15

私への裁判始まる

2/14(水)私の裁判が始まった。全国的にも例を見ないと言われている沼津市が市議の私を訴えるという裁判が始まった。

裁判は「不当に得た利益を沼津市に返せ」と言うもの。

これまでも沼津市は話し合いに応じてもらえないから提訴せざるえないと言ってきたが果たしてそうだったのか?

沼津市のいう話し合いとは「金を返すことが前提であり、そうでなければ話し合いには応じられない」と言うものだった
私は話し合いの前提として、「私は父から公共事業で売却した土地の代わりに譲渡されたものと聞いている。まずはこの土地が誰のものかを検証して欲しい。市長さん、話し合いをしてほしい。」と私も市民団体も求めてきた経緯がある。

しかし、沼津市は、市議の山下が話し合いに応じてもらえないからやむなく提訴したという。

話し合いの考え方に行き違いはあるにしても、提訴することは市民の税金を使う事であり、私とはできないとしても、市民との話し合いの場は税金を使う以上、市として説明責任を果たすべきではなかったろうか。

2/14(水)今日は裁判初日。120人からの市民の方々が集まってくださった。
8:15~  :庁舎前のチラシまき15名とジョジョ1匹
9:30~ :20席の傍聴券を求めて111人の方が並び、10:20から抽選。
10:30~:法廷では河村弁護と私の陳述(10分間)&次回の日程調整
11:00~:弁護士会館で河村弁護士と私の報告会。その後、「地方自治に民主主義を求める会」の発足式があった。

長い時間、裁判所内では傍聴に外れた方は座れる場所が少なかったために帰られてしまった方もいます。せっかく来てくださったのに申し訳なかったです。

2023.12.17

市民団体からの申入書とその回答

「地方自治に民主主義を求める会」からのHPをシェア。
11月27日に市長と議長に対し市民との話し合いの場を求め、申し入れを行う。
詳細については 2023年11月27日HP に掲載
市長に対し再度話し合いを求める申入れと、私たちが得た情報について市長・議長にご意見を聞くための申し入れを行いました。」とある。
今回の提訴に至る発端は、昨年の9月だったと思います。
黒瀬橋の橋下の薪騒動からです。
高橋議員に寄せられた匿名の手紙がきっかけでした。
その匿名の手紙の真偽?を追及するという事で、当時の浅原議長の権限で、法的根拠のない会議ということから「議事録はとらないが、映像や録音はいい」という事で、マスコミや傍聴者が入った議員全体会議が開かれました。
今回の市民の申し入れは、少なくとも匿名ではありません。
議員の個人の敷地に公有財産の土地があるという事で高橋議長あてに調査を依頼しています。
この回答が12/8に来たことがHPにアップされていました。
その回答は?
議長へ久保田氏の調査
議長の回答1208

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログ内検索

フィード